FTP ファイル転送 File Transfer Protocol Part3

無事に接続ができましたか?設定が誤っていると「エラー」の合図なり「音」が出てやり直しを促してきます。接続ができたら次のステップに行きます。

ファイルの転送

無事接続が可能になると下記の図に変わります。

それぞれの意味は、

  1. このペインはローカル(ご自分のパソコン)のディレクトリを表します。
  2. このペインが Webサーバのディレクトリになります。
  3. 転送ファイルの形式を「Auto」に設定します。アスキーとバイナリ形式を自動的に転送します。
  4. サーバにディレクトリ(フォルダ)を作る場合に、このボタンを押すとディレクトリが生成されます。
  5. ローカルから転送するファイルをクリックして選び「→ボタン」をクリックすると転送します。

Win_FTP Liteのファイル転送とその説明

転送中、下段のダイヤログボックスにそのステータスが表示され、FTPの状態が確認できます。

転送が終わったら

まず Webサーバの自分のホームページの確認をしましょう。その際に、ブラウザのキャッシュをクリアしておくことをお奨めします。

すべてのページのリンク切れがないか、画像やスクリプト、CSSは表示されているかなどを全ページにわたって確認をしましょう。エラーが出た場合には、修正作業をしてから再びファイルの転送を行います。

同じ名前のファイルを転送した場合には、上書きされて更新されます。これで世界中に情報を発信したことになります。多くの人に見てもらえるよう、各種検索サイトに自分のホームページを登録しましょう。

前のページに戻る
最初のページに戻る



This Page is HTML4.01 Valid! 初版公開日 2002年10月27日   最新更新日 2002年11月12日
Copyright(C) 2002〜2004 banban@scollabo.com