FTP ファイル転送 File Transfer Protocol Part-2

画像を多用して説明するために容量が重くなる可能性がありますので、ページを分割して説明します。ご了承ください。

ここでは、FTPクライアントソフトに米国製 Windows用フリーソフト「Win_FTP 95LE Version 5.08」を使って解説します。皆さんが使うソフトウェアとは異なるかもしれませんが、どのプラットフォームの、どのソフトウェアでも大体同じ手順と同じ操作なので大きく変わることはないと思います。

FTPクライアントソフトウェア

ソフトウェアを立ち上げると下記のような図が出てきます。

それぞれの入力欄には

  1. 転送先のサーバの URLを入力します。
  2. 案内で送られてきた IDを入力します。
  3. 同じく案内で送られてきたパスワードを入力します。
  4. 最後に「Save Pwd」のチェックボックスをチェックして「保存」します。

Win_FTP Liteの起動画面とその説明

なお、一番上の「Profile Name」の欄には、自分で分かりやすい名前をつけておくと便利です。また「HostType」は Webサーバの種類を選びますが、通常は「Automatic」を選んでおけばいいでしょう。

すべて間違いなく入力できたら「適用」ボタンをクリックした後に「OK」ボタンをクリックします。

FTPソフトの使い方 その2



This Page is HTML4.01 Valid! 初版公開日 2002年10月27日
Copyright(C) 2002〜2004 banban@scollabo.com