ヘッダ情報

HTMLの基本構成は大きく分けてヘッダ部と本文から成り立っています。ここではヘッダ部に記述する情報として、その要素及び属性について解説します。

ただし、ヘッダ情報の多くが HTTPサーバに送信されるわけではなく、その多くがユーザエージェントによってチェックされるものが多いようです。

また、meta要素は、すべてのサーバで機能するわけでなく、同じく link要素は、主だった視覚系ブラウザではスタイルシートの読み込み以外はサポートしていません。

この点を認識して、アクセシブルなヘッダの記述に心がけることをお奨めします。

meta要素
meta要素は、その文書に関する情報である「メタデータ」つまり「データの情報」を指定し、基本的には、属性 (name属性で指定)とそれに対する値 (content属性で指定)によってあらわします。ヘッダ内でのみ使われる要素です。
http-equiv属性は、 メタデータを HTTPサーバのレスポンスヘッダとしてサーバから送信させたい場合に、name属性の代わりに用います。ただし、HTML4.01では name属性も含めてその属性値については、明確に定義されているわけではありません。
サンプル
meta要素の使用法のサンプルの一部です。
<meta http-equiv="Content-Type" 
      content="text/html; charset=Shift_Jis">
文字符号コードが「Shift_Jis」であることを示しています。 "text/html; の後に半角スペースがありますが、ブラウザによって認識できないものがあるという理由から半角スペースを設けていますが、その検証はなされていません。
<meta name="discription" content="meta情報についての解説">
HTML文書の要約を示しています。検索エンジンのサーチロボットに文書の要約文として登録時に期待する場合に用います。ただしすべてのロボットに対応しているわけではありません。
link要素
link要素は、他の文書との関係を示すもので、外部のスタイルシートを呼ぶ場合や、非視覚系ブラウザに対してのリンクを設定する場合にも使われます。
例えば、その文書から前の文書や次の文書、最初の文書などを示す場合、外国語バージョンや印刷用バージョンの所在を示す場合、また出力メディアを示す場合などに利用されますが、一部を除いて多くの視覚系ブラウザでは、スタイルシートの読み込み以外をサポートしていないのは残念です。
サンプル
以下は、link要素を使った具体的な構文です。
<link rel="start" title="TopPage" href="index.html">
一番最初のページを指定します。title属性でページの名前を記述することによって、検索エンジンにサーチしてもらうことが期待できます。
<link rel="shortcut icon" href="favicon.ico">
ショートカット・アイコンを指定します。MSIEで「お気に入り」に登録したときには、このアイコンがブラウザのブックマークに登録されます。
<link rel="contents" href="sitemap.html" type="text/html">
目次のページを指定します。一般的にはサイト全体のリンク先が明確に記述してあるページを指定します。


This Page is HTML4.01 Valid! 初版更新日 2002年9月30日   最新更新日 2003年7月25日
Copyright(C) 2002-2004 banban@scollabo.com