HTML4.01の骨子

HTML4.01は、旧来の HTMLを、スタイルシート、スクリプト、フレーム割り付け、埋め込みオブジェクト、右から左へのテキスト及び混在方向テキストのサポート、高度な表、フォームの拡張、障害者からのアクセス性改善などの機能を拡張しました。

基礎講座の中で何度となく述べた通り、1999年12月、W3C より勧告された HTML4.01についてもう一度おさらいの意味で、その骨子を解説します。

HTML4.01の骨子
文書構造からビジュアル・デザインの分離とは、例えばスタイルシートによって可能です。現在、CSSはレベル2まで仕様が現実化されており、レベル3の発表もそう遠くないようです。このことによって、ほとんどのビジュアル・デザインを占めていた要素と属性を使う理由がなくなっています。
accesskey属性や、alt属性、表を構成するテーブルでの abbr属性、scope属性、axis属性、headers属性などを用いることにより「障害者」のアクセスがより容易になる新機軸などがあります。
object要素の今後の普及は、多くのマルチメディアに対応し、容易に HTMLに組み込むことが可能です。Webの表現がより広範囲に、より新技術に対応できるようになっています。


This Page is HTML4.01 Valid! 初版更新日 2002年9月29日   最新更新日 2004年2月26日
Copyright(C) 2002-2004 banban@scollabo.com